男鹿半島を吹く風は……八望台

標高180mの台地。昔は太平(大岱・おおたい)と呼ばれていたようです

Index〈八望台(二ノ目潟)一ノ目潟三ノ目潟大瀑


1967

眼下に見えているのは二ノ目潟。ほかに 一ノ目潟、三ノ目潟があり、
これらはマグマの水蒸気爆発によって作られたマール湖。むこうにみえるのは戸賀湾

「男鹿目潟火山群は、自然公園法の第1種特別地域として管理されており、今日まで良好な
状態で保存されています。目潟火山群は景観としての価値だけでなく、国内で数例のマール
(爆裂火口湖)であること、また、一ノ目潟からは、火山活動で噴出した安山岩中に
マントル起源の岩石を含んだ世界唯一の火山であることで、研究者からその価値が認めら
れています」(おが広報 2007/3/1)
   

Photo by Yaeko↑↓ 2007

二ノ目潟の夏↑ & 秋↓


Photo by Tetsueko

2006

向こうの、海に突き出したところに三ノ目潟はあります。子供のころは
陽に湖面が鏡のように輝いたとき——そんなふうに見えていました。
(今、見えないのは、樹々が大きくなったのでしょうか?)Tomoko
   

これは一ノ目潟(二ノ目潟は西側ですが、ここは東側)
 
  

台地はいちめんのアズマギクに覆われて……
 
  

  


IndexMap寒風山滝の頭・〈八望台(二ノ目潟)一ノ目潟三ノ目潟大瀑日本海賀茂青砂

戸賀入道崎八郎潟なまはげ五社堂生きもの暮し野辺の花ハタハタなど自然現象

建物詩歌編集室より

Copyright Tomoko Office Website. All rights Reserved.