男鹿半島を吹く風は……八郎潟 潟口の町・船越
八郎湖とも呼ばれていました

IndexMap〈 八郎潟・大潟村水路経緯度交会点2ワカサギ釣り野鳥防潮水門

八龍神社さくら2菜の花コスモス統人行事 船越の浜


男鹿半島の入口・船越水道に造られた防潮水門
手前は日本海、水門の向こうは八郎潟残存湖。さらに向こうが
大潟村(干拓された潟は海面より低いのです)
  

八郎潟干拓の事業所(農林省)が置かれ、ここから干拓は始められた。
その様子を見にいった。「潟が亡くなる」と。
(昭和35年)

                    〈八郎潟に連なる詩歌

 

干拓工事は、浚泄船(しゅんせつせん)で水を汲み上げる
ことから。これは浚泄船・双竜
 
   

ここには八龍(八郎)神社があります。八郎潟の舟の安全&豊漁を
祈願して。これは参道に佇む狛犬
   

寒風山より八郎潟・残存湖を望む
Photo by Tetsueko
 
  


       

弥六(ヤロク)堤 の冬↑と 早春↓

夕暮れどきの鴉(からす)たち。ねぐらは何処にあるのでしょう?
シルエットは寒風山
  


Copyright Tomoko Office Website. All rights Reserved.