男鹿半島を吹く風は……
加茂青砂

〈加茂青砂・加茂青砂6月加茂青砂小学校カンカネ洞


  

元は加茂村青砂村と二つの村でしたが、明治9年に合併、加茂青砂になりました。
加茂青砂の歴史は古く
今から410年前の安土桃山時代には「かも村」として表れています
加茂のいわれですが、鳥の鴨という以外には、京都の賀茂神社の信仰にかかわるものと
考えられています。これは海岸部に濃く分布しています。

青砂の由来ですが、ここの浜には青い石が多いこと、又、海草のアオサが多いためとも。
江戸時代の記録には、「青砂の海草は26種類」と書かれています。
(男鹿市教育委員会「ふるさとの地名散歩」)

  


IndexMap寒風山滝の頭八望台戸賀入道崎日本海

〈 加茂青砂・加茂青砂6月加茂青砂小学校カンカネ洞 〉・八郎潟なまはげ五社堂

生きもの暮し野辺の花ハタハタなど自然現象建物詩歌 編集室より

Copyright Tomoko Office Website. All rights Reserved.