男鹿半島で生まれた 俳句・1
粟津 爽明
あわづ そうめい

                    〈 俳句・2


   

深泥の鮒も動くか春あらし

網入れて鷭(はん)に驚く冬小潟

夜冷ゆる潟の藁火や十夜詣り

潟凪ぎて骨山坊裡うこぎ飯

  

潟魚のうごきのさとく涅槃西風

さより網敷いて新春の潟明り

春の雲浮くも消ゆるも潟の上

帰り鴨 いくたびか潟かけめぐり

  

                     俳誌「新雪」発表作品より

八郎潟・防潮水門

  

link- 爽明の俳句

Index・〈 詩歌Top23 45 ・(link-678 / link-甚句

短歌2・俳句・2Essay便り2

Copyright Tomoko Office Website. All rights Reserved.