男鹿半島で生まれた 俳句・2
粟津 爽明
あわづ そうめい

                      俳句・2 〉 


  

水芭蕉活けて誦(ずきょう)僧一人

一宿の恩夏萩も忘れじと

草の実のこぼるる朝の法座かな

母の忌や母の好みし薊つむ

  

花野行く道の曲がりに六地蔵

傘ささぬ時雨の僧に追いつきし

奥男鹿や青田の道に僧一人

  

                   俳誌「新雪」発表作品より

  

  

link- 爽明の俳句


Index・〈 詩歌Top23 45 ・(link-678 / link-甚句

短歌2俳句・2・Essay 便り2

Copyright Tomoko Office Website. All rights Reserved.